FC2ブログ

うつうつな日々

システム開発の環境構築や、社内ポータルなどを構築している日々の日記などなどです。

Tracカスタマイズ(Suvbersionコミット連携)-2

先週からの続きで、Subversionのコミットと、Tracのチケットを連動させるため
いまだに奮闘中です。。。

discypusさんのHPで、先週の私の状況についてのメモがあったので、
ありがたくみさせていただきました。

「hooksを作成」については、確かに他の方の書いてくださった手順をみても、
作成はしていなかったのですが、なぜか私の環境にはできていなかったので、
とりあえず作ってしまいました(^^;

パーミッション → post-commitの動作確認 についても、確認してみました。
post-commitの中身を、とりあえず
mkdir /aaa/aaa/test
と変えて、Subversionをコミットしてみると、できた!!!

ユーザ apache で、ディレクトリができてました。

次に、ここに書いてあることを確認。
post-commitを元に戻して、コマンドラインから以下のコマンドを実行。








env - ./post-commit /svn/test 7


コメントに「fixed #n」と存在するチケットの番号を入れたリビジョン番号を指定すると、
チケットがクローズされた!!!

ということは、やはりSubversionの実行ユーザに、Tracの書き込み権限がない
というパーミッションの問題のように思われる。。。

念のため、DBをSQLiteにして、Subclipseからコミットしてみる。
。。。チケットがクローズされている!!!!
ということは、Subversionの実行ユーザがmySQLのDBにつながらないユーザということ?
に決まってますよね。。。
TracのDBにアクセス権を持っているユーザは、専用に作成したtracのuserですから。。。

trac-post-commit-hook の中身を見てみると、
DBの接続については







db = self.env.get_db_cnx()

となっている模様。

どうするればこの問題を解決できるのか???

<対応案1>
mySQLのtrac_dbに対して、ユーザ:apache のアクセス権限追加
  ⇒ NG。。。
<対応案2>
mySQLのtrac_dbに対して、ユーザ:Subversionのログインユーザ のアクセス権限追加
  ⇒ NG。。。

うーーーん、こんな感じでわけも分からず手当たり次第にアクセス権を追加しても、
解決にならない。。。

根本的に、あまりにも自分が分かっていないのが、何よりの原因に思えてならない(T_T)

またしても、「無理しないで、SQLiteにしとけ」という助言がよみがえる。。。
やっぱり、mySQLでは無理なのか???

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する